« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007/05/28

食われました

千葉にある「若葉の湯」というスーパー銭湯へ行ってきました。
お目当てはドクターフィッシュ

受付で申し込んだ後(500円/10分)、前のお客さんが終わるのを待ってドクターフィッシュのコーナーに行きました。
四角い足湯の中に、まるで金魚すくいの金魚みたいに結構な数のドクターフィッシュがいて(サイズはどれも大きいメダカという感じ)、早速足を入れると一瞬ぱっと逃げ散るんですが、あっという間に足のそこかしこにびっしりと......おほ、おほほほほほほほ.........

まぁ、なんといいますか、くすぐったいような、ちょっと弱い電気風呂のようにちりちりするというか、不思議な感覚ですね。
あちこちついばまれているのがしっかり伝わってきます。

つま先やかかとの角質がひどかったところを集中してついばまれたのですが、さすがに1回じゃ食べ切れなかったようで(笑)、でもそれ以外の足の甲とかは、気持ちかさかさしてる感じが減った気がします。

少なくとも手足を伸ばしてのんびりお風呂に入ることもたまにはいいもんだ、というのも再確認できましたし、週一は難しいですが、月一くらいで通ってみようかな、なんて思ってます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/05/25

飛行船

20070524a
研修の休憩時間、喫煙所で一服しながらふと外を見上げると、飛行船がぷかぷか飛んでました。
もの珍しさに携帯のカメラで一枚撮ったんですが、かろうじて飛行船とわかる程度の大きさでちょっとがっかり。
思わず家に帰ってきてからデジカメを通販で注文してしまいました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007/05/24

手元が狂った

今日は外部研修だったんですが、仕事が立て込んでたので研修終了後勤務先へ。

パソコンに向かってがしがしとコマンド打ちまくり、作成したリストの内容をチェックしていったんですが、その中で

bin

と打つべきところを、つい

boin

と打ってしまいました。


かなり集中して作業してたんですが、あまりに場違いなうち間違いに集中力が途切れ、しばし画面に見入り、思わず

にやり

と、声も出さずに笑ってしまいました。

しかし、後から考えると、もし誰かが見ていたとしたら

パソコンに向かって黙々とキータイプしているやさぐれ男が、突然手を止めて画面に見入り、声も立てずににやりと笑う姿は多分すごく怖かったと思います

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007/05/20

裾上げ

今日は前々から買おうと思っていたカーゴパンツを見にアメ横の中田商店へ行ってきました。
いくつか目星を付けたんですが、試着ルームがあるわけでなく(未確認)、何本か手に取ってサイズを確認していたところ、店員さんが「ズボンの上から試着してもいいですよ。」と声をかけてくれたので、遠慮なく履いてみたら......

お腹キツキツ&裾ダボダボ。

さすがアメリカンサイズ。

いくらなんでも裾上げなんてやってくれない(未確認)だろうし、そもそもカーゴパンツって裾上げ出来るのかどうかも不明だったので、ここでの買い物は諦めてユニクロ覗いてみようと帰り道で一番近そうな新鎌ヶ谷店を目指して移動したんですが、船橋で乗り換えようとしたところで猛烈なスコール

改札を出てエスカレータでホームに上ってたら、雨が横殴りに乱れ飛んでて、確かに雲行きは怪しかったんですが、ここまでひどい降りになるとは思わなかったので、明日出直すことにして帰路に着きました。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007/05/17

交通費忘備録

梅ヶ丘-西船橋。

16,230円。

交通費、出ると.......いいなぁ(涙)

追記:
これだけだと意味不明ですね(汗)

この日、夜から唐木田方面で作業があったんですが、ギリギリ(西船橋方面につながる)最終(23:10くらい)に間に合うか、と思いきや、仕事先を出たのが23:45。唐木田最終に飛び乗り、新百合ヶ丘まで辿り着いたんですが、そこからの上りが経堂止まり。
ホテルを探しつつ、最悪中野あたりで始発まで時間潰せれば、と線路沿いに2駅ほど歩いたところで心が折れて、タクシー使っちゃいました。さすがに週の中日に夜明かしは辛くて。

ちなみに、タクシーの運ちゃんに、「ホテル探しながら(小田急の)線路沿いに歩いてたんですよ。」と話したところ、「この沿線って、ホテルほとんどないですよ。中野もこの時間じゃ多分どこも満室でムリでしょう。」とありがたい助言をいただきました。次回から気をつけたいと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/05/13

tel me why?

自宅の電話は通常の固定電話ではなく、ドコモのPHSをホームステーションに登録して内外兼用で使っています。
もう10年くらいこの形なんですが、ドコモは既にPHSからの撤退を決めていて、先日ついに最後通告(来年1月7日でPHSをサービス終了)が送られてきました。端末そのものは前述の通り固定電話として使い続けられるんですが、今後の事を考えると再び通常の固定電話に戻そうか(購入しようか)検討中です。
まぁ、通話の主体はほぼ携帯に移ってますので、知り合いから固定電話にかかってくることはほぼありませんし、せいぜいフリーダイヤルにかけるときにあれば便利、程度なんですけどね。

さて、今年頭に引っ越して固定電話の番号が変わりました。それ以前の10年くらい、多分2,3度くらいしかなかった間違い電話が、今年に入ってから(番号を変えてから)月に1度前後かかってくるようになりました。
留守電の応答メッセージはPHSの固定メッセージを使っているので、私の名前とか電話番号がメッセージの中に含まれていませんので、間違い電話の主にしてみれば間違いだという自覚がないのかもしれません。

そんなわけで、自宅にかかってくる電話なんてほとんどないもので留守電のチェックも月に1,2度しかしないんですが、週末に留守電をチェックしてみると週中辺りに集中して3件ほど入ってました。

1件目:
○○ホームの××です。工事の日程が決まりましたので.........

工事なんて頼んでないし、大家さんからも何の話もありませんでしたから、間違い電話に間違いありません。
ただ、今年に入ってからの間違い電話って、実はこの某ホームからのものばかりだったんです。
電話番号を入れておいてくれれば、間違い電話だって教えて上げられるんですが、番号入れてくれないので放置中です。

2件目:
○○急便です。代引きのお荷物をお預かりしております........
こちらはネットでDVDラックを注文していたので、私宛の電話で間違いありません。
再配達の申し込みは既に済ませていたので無問題です。

3件目:
○○(女の子の名前)です。...........ちょっと辛くて....電話しちゃいました。.....電話下さい.........。

初めてのパターンです。

全く心当たりがありません。

声も名前も全然記憶にないですし、知人ならほぼ100%携帯にかけてきますから、間違い電話のはずです

相手の電話番号がわかれば「間違い電話ですよ」と教えてあげることはできるんですが、あいにくと電話番号は入ってなかったので、一体この人に何があったのか少々悩みます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007/05/06

「地震イツモノート」

Itsumo_1
この「地震イツモノート」は、金曜にふらっと上野へ出掛けたときに見つけた本です。

地震の起きた瞬間や直後、あるいは避難生活の中で被災された方々の言葉が一言ずつ書かれた非常に読みやすい本でした。

これを読みながら、ふと部屋の中を見渡すと、壁毎にみっしりと本が詰まった本棚が目に入ったので、さっそく本棚の上の空間に空いてた段ボール箱を積み上げて天井との隙間を埋めました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »