« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005/10/30

「慟哭」(貫井徳郎 )

doukoku
久々にドップリと引き込まれました。「慟哭
連続幼女誘拐事件を追う捜査一課長の話と、心に空虚な穴を抱え新興宗教に傾倒していく男の話が交互に進んでいくんですが、二つのエピソードが交わるタイミングと、その交わり方が絶妙で、一つに繋がったクライマックスは思わずため息が出たというか、目の前が一気に開けた気分でした。
ただ、ラスト数行のやりとりはとてつもなく重く感じて、読了後は少々呆然としてしまいました。

73.5K。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/29

ハップンラーメン順基

今日は噛みあわせの矯正のためお昼時に渋谷へ出かけました。
30分程で終わったので、昼飯はちょっと足を伸ばして「ハップンラーメン順基」へ。
5年ぶりくらいでしょうか、ここへ食べに来るのは。学生時代(+会社員時代)この近所に住んでた頃は週一位で食べに行ってたのだが、本当に久しぶり。
今日のチョイスはギョーザライスセット。
写真を撮りたかったのですが、さすがにカウンターが混んでる状態での撮影は気が引けてしまい断念しました。
久しぶりのハップンラーメンに舌鼓を打つも、少々残念。
昔の私の定番はシューマイセットだったんですが、いつの間にかシューマイがメニューからなくなってしまってたんです。
シューマイ、人気が無かったのか。トホホ。

さすがに店員さんの中には知った顔もなく........と、思っていたら、見覚えのある顔が一人。
昔に比べてかなり恰幅が良くなっていたのではじめは気がつきませんでした。
一瞬声を掛けてみようかと思ったんですが、先方は私の顔など覚えてないだろうし、何より恰幅が良くなったのは私も同様なので、仮に私の事を覚えてくれていたとしても記憶と一致しなくて困惑されるだけだろうから、思い留まりました。

74.0K。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/10/28

最近、と言ってもここ数年ですが、職場で扉を開ける時に

1.首が出る程度の隙間をそ~っと開ける。
2.首だけ出して周りを見回す。
3.扉の近くに人が居ないことを確認する。
4.扉を大きく開いて出る。

という癖がつきました。
別に人目を忍んでいる訳でなく、扉の傍に人が立っている危険があるからです。
以前職場内のマシンルーム(壁際に扉がある)から勢いよく扉を開いたところ、たまたまそこに居たバイトの娘を壁と扉でサンドイッチにしてしまった事があるからなんですが、基本的に扉の前って危なくないですか?
私の感覚としては、透けて見えない扉っていつ開くか分からないので無意識にでも扉の前に立たないのが普通のような気がするのですが、今時の人はそういう感覚ってないのでしょうか。

75.5K。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/10/26

あいのうた

久しぶりにドラマを観ました。「あいのうた」。

泣かされました。

今まで私の中で「泣き女優」というと竹内結子だったんですが、管野美穂も仲間入りです(汗)
玉置浩二の台詞も泣かせます。

「逃げられない現実からさ、目を逸らしたい時ってあるんじゃないかな、人間さ。」
「目を逸らさせられるものならさ、そうしたっていいんじゃないかな.......」

74.5K。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/25

温もり

膝の上に、温もりと重みを感じると「幸せ」という言葉が頭をよぎったりしませんか?

膝の上でノートパソコンを使いながら、そんな事を考えました。

「それ、違うから」

心の中のどこからかそんな声も聞こえる秋の夜長。

73.5K。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/10/23

ICO

ico
最近「ワンダと巨像」というゲームの広告をよく見かけるようになりました。
情報を追いかけていくと、過去に「ICO」というゲームを製作したチームの新作らしいということがわかりました。
「ICO」については店頭でパッケージを見たことしかなかったんですが、ベスト版で安くなっていたし、アクションアドベンチャーということで気分転換には手ごろかな、という気持ちもあり、更にキャッチフレーズに惹かれたこともあり(笑)、買ってきてプレイしてみました。

........すごく怖い。

怖いといっても、「サイレント・ヒル」シリーズのようなホラー的な怖さでなく。

高いんです

内容を一言で言ってしまうと、謎の女の子と共に迷宮のようなお城の中からの脱出、ということなんですが、このお城がデカイ上にかなりの高層建築(?)なんです。
たまにテラスに出て下を見てみると、霞んでて見えないし。外壁伝いに移動しようとジャンプしたら何度か墜落死してしまいました。もう掌にじっとりと汗が。

自分に高所恐怖症の気があった事に初めて気がつきました。

72.5K。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/22

牡蠣づくし

F1000061
今日は7年ぶりに銀座かなわで夕食。
酢ガキ、牡蠣チーズ、焼き牡蠣、カキフライ、牡蠣の天婦羅、牡蠣茶漬けと、牡蠣のオンパレード。牡蠣以外の小鉢や刺身盛り合わせも美味かったんですが、これほど牡蠣を食べまくったのは生まれて初めてです。
残念なのは鯛めしが食べられなかったことですが、さすがにこれだけ食うと鯛めしはお腹に入りません。

ところで、かなわに行く前に有楽町のビックカメラで時間を潰したんですが、入口で「甲虫王者ムシキング 公式トーナメント」なるものが行われていました。初めてムシキングというものを見たんですが.......ストIIの甲虫版?
微妙にリアルなクワガタが「ヒャクレツケン(百裂拳)」とかやってました。

74.5K。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

声援

頭の中にふと浮かんだ、武田鉄矢の「がんばれ がんばれ  頼む がんばれ がんばってくれ」というフレーズ。
検索してみたら、海援隊の「声援」という曲で、「3年B組金八先生」の主題歌だったそうで。
私にとって「3年B組金八先生」の主題歌というと、「贈る言葉」と「人として」なんですが、この曲もちょっぴり胸に染み入りますね。


貴方が言葉を 覚えたのは
悲しみ語るためですか
どうか何度も 泣いてください
うれし涙に出会うまでは
春の陽射しを見つけるまで
だれもが寒い 旅人なんです
涙で汚れた 貴方の顔に
僕は 声援 送ります

がんばれ がんばれ  頼む
がんばれ がんばってくれ
がんばれ がんばれ  頼む
がんばれ がんばってくれ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/10/21

皇帝ペンギン プレミアム・エディション

penguin
皇帝ペンギン プレミアム・エディション 」、12月に発売になるそうで。
映画館で見逃したので、レンタルが出たら借りてみようと思います。

ところで。

このDVDの発売についてはAmazonではなく別のサイトで見つけたんですが、タイトルの下にあった紹介文をちらっと横目で流し読みしたところ、

「南極の大自然に生きる皇帝ペンギンの知られざる生あたたかな物語。」

と読めてしまい、ぎょっとしてキチンと見直したら、正しくは

「南極の大自然に生きる皇帝ペンギンの知られざる生態を追ったあたたかな物語。」

という文章でした。

74.0K。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/10/19

レキシントンの幽霊

トニー滝谷」の原作が収録されているという事で「レキシントンの幽霊」を買ってきて読んでみました。

台詞のほとんどない、淡々とした文章で、トニー滝谷の孤独が客観的に述べられている感じがすごく乾いた重さを持って感じられました。

確かにラストは原作と映画で微妙に違っていて、余韻が異なるのですよね。
原作では、アルバイト希望の女性との間にほとんど交流というかつながりが無く、「一人でいる孤独」が際立っているように思えましたが、映画ではアルバイト希望の女性とのやりとりや、ラストの繋がらなかった電話から「一人になる孤独」が強く印象付けられた気がします。


74.0K。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/18

過去メール

昔メールを貰った人のメールアドレスを忘れてしまったので、保存してあった1998~2002年までのメールの生データを戻してみました。

........ぐはっ。

若気の至りというか、何と言うか。
昔のメールって破壊力抜群ですね。思わずのた打ち回ってしまいます。

おまけに探していた人のメールアドレス、ISPが事業撤退してしまったためにもはや死にアドレスとなっており、無駄骨に終わってしまいました。

74.0K。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/17

カタログギフト

さすがにこの歳になると結婚式のお呼ばれも数年に1回ペースまで落ち着いてきましたが、4~5年前くらいからでしょうか、カタログギフトが引き出物ってパターンが多くなってきましたね。

今回もカタログギフトだったんですが、今回食指をそそられたのがコレ(の類似品。商品名は異なっているが同じもの)。

確か何年か前に読んだゆうきまさみさんのエッセイマンガで、「仕事場で大流行!」と紹介されてた記憶があります。
でも、買っても3,000円しないんですよね。悩みます。


74.0K。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/10/16

披露宴

大学時代の友人の結婚式&披露宴に出席してきました。
すっかり汗だくです。

子守で。

昔なら一眼レフ持ってって写真を撮ってましたが、さすがに重いし嵩張るので、デジカメを持参。
確かに手軽に且つフィルムのカウントを気にせず撮れるところは便利なんですが、いかんせん撮影後の記録時間が長過ぎてシャッターチャンスを逃すことしきり。ボーナス入ったら新しいデジカメを買おうか、それとも一眼レフを買おうか今から物欲ゲージ上昇中。

披露宴の真ん中あたりで本日欠席された新郎側の知り合いの方のビデオメッセージ上映があり、手が込んでるなぁ、とスクリーンを見ていると、その人が映し出された瞬間、会場がどよめき&歓声
........なるほど。この人なら確かに多忙だろうし、出席してたら1曲歌わされただろうなぁ。

73.5K。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/10/15

トニー滝谷

tonny
トニー滝谷」のDVDを借りてきて観ました。
すごく透明感のある音楽・映像・主演二人の演技でした。それだけに主人公であるトニー滝谷の

「一人でいること」
「一人じゃなくなること」
「一人になること」

というそれぞれの場面での心理描写がすごく胸に迫ってきました。

一人じゃないという事に幸せを感じている最中、「再び孤独になることを思うと冷や汗が出た」という台詞が出てくるところ、後半の、空っぽになった妻の衣裳部屋の床の上で背を曲げて寝転んでいる姿が父親の投獄時代の姿とオーバーラップするところ、ラストの繋がらなかった電話を切るところが、観ていて苦しくなりました。


73.0K。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/14

Dirty Bomb

日曜は大学時代の友人の結婚式に呼ばれているのですが、結婚すると知らされたのは今年のGW頃。
「いつもの(大学時代のノリで)盛り上げればいい?」と冗談で尋ねたところ、

「絶対ダメ。お願いだから普通にしてて。」

と半ば真顔で、釘どころか「食人族」にでてきそうな杭を力一杯挿された、いや、刺された気分です。
そんな、人を「歩くDirty Bomb」みたいに言わんでもよいでしょうに。
一応そこそこ大人になったつもりですから、分別はわきまえてるつもりですよ?

素面なら

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/10/13

新・魔界行 魔群再生編

makaikou2
20年ぶりの続編と言うことで、かなりわくわくして読んでいったんですが........ストーリーも前作の20年後という設定ですけど、主人公、ちょっと饒舌になってませんか?主人公をはじめとした前作から引き続き登場している面々の性格に、ちょっと違和感が。
まだまだ導入部ということでしょうか、続刊に期待です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/11

「おぞましい二人」

ozomashi
タイトルに惹かれて買ってしまいました、「おぞましい二人」。
疲れている時に読む本ではなかった
見開きの左に1~2行の文章、右にモノクロの絵。
文章だけ淡々と読めば、5分もかからず読み終えられる分量なんですが、読み手の想像力を刺激する余白が大きい上に、その余白がなんとも言えず冥いんです。
ある意味ハマりそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/10/10

ネクタイ

F1000058
今日は仕事が終わってから高○屋に行きました。ネクタイを買いに。
ネクタイと言っても慶事用の白ネクタイなんですが、今週末友人の結婚式に呼ばれているので、数年ぶりに白ネクタイを引っ張り出してみたら、ちょっと汚れが目立ってたので買い直そうと思ったんです。
紳士服売り場を探し当て、お目当ての白ネクタイが何本か並んでいるのを見つけて、「へぇ、白ネクタイと言っても微妙にパターンが違うんだ。」と今さらながら感心しつつ、ひっくり返してみると......

8,915円?

ブ、ブランドもののネクタイって高いんですね。今まで1,500円以上のネクタイなんて買った事がなかったんで、少々うろたえました
アドリブに弱い私は、店員さんが寄ってくる前になんとかこの場を立ち去ろうと、何故か心の中で「ごめんなさい、ごめんなさい......」と呟きながら紳士服売り場から遠ざかり、さて、どうしたものかといったん高○屋を出て駅構内を通り過ぎようとしたんですが、その途中の露店で1本1,000円の白ネクタイを見つけ、無事購入することが出来ました。
自分の金銭感覚にマッチした買い物ができた安心感から気が大きくなったのか、晩飯は「かつや」でエビカツ&カキフライ定食を注文しました。

美味い。

なんか久しぶりに、「エビってプリプリした歯ごたえなんだなぁ。」と実感しました。ご飯がお替り自由でないのが非常に残念

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/10/08

産卵

IMG_0126

ようやくうちのシーマンが産卵しました。
切ないセリフだな(涙)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

第1回 エンタ!検定

たいむさんが試しておられた「第1回 エンタ!検定」に、遅ればせながらチャレンジ。

+++ 第1回 エンタ!検定 成績発表 +++

あなたの総合得点は50点  全国平均 60点
全国順位(10月8日 1時現在)
40281位(47197人中)
--ジャンル別得点表 ---------------
    0_________10__________20点
映画 ■■■■■■■■■
テレビ■■■■■■■■■■■
音楽 ■■■■■■■■■■
書籍 ■■■■■■■■■■■■
芸能 ■■■■■■■■
-------------------------

--講評---------------------
あなたは「エンタの凡人」
おつかれさまでした。分からない出題もままあったのではないでしょうか。「周りの話についていくのがツラい」と最近よく感じているようなら黄色信号です。ジャンル別にみると、「テレビ」「音楽」「書籍」は平均的に知っています。「映画」「芸能」にはあまり興味がないようです。
-------------------------

たいむさんやとしきさんに敵うべくもないのですが、まぁ、妥当な結果でしょう。ジャスト50点というあたりが微妙(笑)

気になるのは「『テレビ』は平均的に知っています。」という部分です。
ここ数年振り返ってみても、観たテレビなんて

「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」

「大河ドラマ 義経」

の2つくらいで(もっとも「ガンダム」は半分以上フレッツスクエアで見てたし、「義経」は後半ほとんど観なかったし)、後はPlayStationでゲームorDVDくらいでしかテレビの電源入れてないんですが(涙)

| | コメント (6) | トラックバック (2)

2005/10/07

振り返る

今日、喫煙所で一人ぼーっとタバコを吸っていた時のことです。
掃除のおばさん達が世間話をしながら通りかかったんですが、その会話の中で

「○○さん(私の苗字)って、幸せですよねぇ~」

と言う台詞が聞こえたんです。当然私は掃除のおばさんたちとは全然面識がないんで、同姓の別人の話である事は確実なんですが、あまりにも心からうらやましそうに話していらっしゃったので思わず、「俺ってそんなに幸せなんだっけ?」と意図的に誤解して、己を顧みてしまいました。が、思い当たる節は当然の事ながらあるはずもなく、無駄に己を顧みた徒労感のみが残ったような気がして........_| ̄|○

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/06

妊娠中です。

しばらく前に入れてみたiアプリ「シーマン」。

機能というか、お遊びの中に「交尾」というのがあるんで試しにやってみたんですが........


待ち受け画面に、小さい文字ですが

「シーマンは妊娠中です。」

と、表示されて早や3日。人に待ち受け画面を見られるのがちょっと恥ずかしい........

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005/10/04

New Best 1500(モップス)

以前ちらっと触れた「たどり着いたらいつも雨降り」なんですが、モップスというグループも歌っていたと言うことを知りました。
ちらほらと調べてみたら、なんとボーカルが鈴木ヒロミツ
私の中での鈴木ヒロミツとは、「夜明けの刑事」での、ちょっとお茶目な刑事役とか、「戦国自衛隊」での、小心者だけど仲間思いの自衛官とか、まぁ、純粋な役者さんだとばっかり思ってたんですが、まさかミュージシャンだったとは。

25年を経て初めて知った事実にびっくりです。

さっそくBest盤をネットで注文しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/03

婉曲な表現

夕方喫煙所でタバコを吸っていたら、上司もタバコを吸いに来ました。
世間話風に

「結婚しないの?」

とか

「田舎に帰る予定ないの?」

と聞かれ、とりあえず当たり障り無く受け答えしたんですが、後から考えるにもしかして婉曲な肩叩き?とひとしきり悩みました。というか、真剣に転職を考えるべきか現在進行形で悩み中。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/10/01

自分探し

眞鍋かをりさんのブログで「ひとり同窓会」という遊び(?)が紹介されていました。
「過去の同級生やバイト仲間などの名前をグーグルで検索して、ヒットしたページから本人を探す。」というものなんですが、私もふと思いついたときにやってみたりします。
たまに、他人ではなく自分の名前でも検索したりするんですけどね。
自分と同姓同名の人がどんなことをしているのかちょっぴり興味がありますし、まさかとは思いますが自分の名前が知らないうちに使われたりしてないよね、なんていう一歩間違うと「自意識過剰?」と捉えられかねない動機だったりするのですが。まぁ、検索結果の大半は同姓同名の人(ずーっと下の方で私自身も引っかかったりする)で、外科医、税理士、等々結構活躍されているようで、なかなか(?)楽しいです。

そういえば、1度だけ、同姓同名の人を見かけたことがあります。
あれは確か高校3年の時でした。模試を受けに隣の市まで出かけて行き、終わった後でふと目に止まった蕎麦屋に入り少し早めの晩飯をもそもそと食べていると、小学校1年くらいのお子さんを連れたご夫婦が入ってこられました。
話の発端は覚えていないんですが、いつの間にやら店員さんとそのご家族とがちらほらお話を始められまして、

店員さん:「ぼうや、お名前は?」
子供(大きな声で):「○○○○!!!」

私と同じ名前でした。いきなり自分と同じ名前を大声で言われたので思わず食ってた蕎麦を噴き出してしまい、その家族連れと店員さんから奇異な目で見られてしまいました。

まぁ、同姓同名だからと言って何ら因縁も関係もあるわけではないんですが、ちょっぴりその子の前途に思いを馳せてしまいました

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »