« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005/08/31

誕生

夕暮れに母親からメールが届きました。

8月28日男の子二人誕生しました。2,500gと2,100gと元気です。

もちろん母が出産したわけでなく、弟夫婦のところの話なんですが、無事出産ということでほっと一安心。
しかも

思い返せば2年前、次女が生まれた時に弟は両親に「うちはコレで打ち止めだから、後(男児)は兄貴に任せた。」と言ったらしいので、こちらの意味でも一安心

と、言うか、独り身の兄貴に任せるな、と恨み言を言いそうにもなりましたが、私の祈りが通じたのか

しかし、これで毎年のお年玉が4人分必要というのは少々手痛いところでもあるのですが。
お年玉のボリュームディスカウント、ってありですか?

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005/08/30

胸が痛むんです

比喩でなく。

今日、ちょっと急いでたんで、階段を駆け下りたんですけども、なんか

胸が揺れて痛くなった

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/08/29

姓名判断

たまにチェックする「やじうまWatch」で「史上最強の姓名判断」と銘打たれたサイトがあるとか紹介されてました。
早速チャレンジ。
------------------------------------------------------------
[結果]
メガネかけた人が多く艶福家、年長者の信頼得て交際相手に恵まれますが色難浮気に注意して下さい
芸事の名人で踊りや楽器演奏、話術が巧みでサービス精神旺盛です。
親子関係は争いが多いのに仲良く血族意識が強いのです。
丸顔で笑顔がさわやかで世話好きですが本心は寂しがり屋なのです。
手先器用、美的感覚生かせる。職場、職種を選べば成功します。資産家、商売人として成功して金持ちが多い家系です。
美しい家、変化に富んだ食事で生活を楽しみます。
女性は共働きで教育ママ、男性は浮気者で男児運がありません。
頭の回転、気分の切り換えが早く前向きに生活し重責に耐え頑張り抜くことができます。
養子長男型で責任重大な立場に立たされ一族一家のリーダーになりやすいでしょう。
知謀、才知、融合雅量を備えています。穏和な性格の中にも、人の過ちを許してあげることができる確固たる信念があり前進向上するタイプの方です。
地位名誉、財、願望達成の吉運です。女性は内助の功があります。
健康面では、深酒を慎まないと胃潰瘍になりやすく、また盲腸や手足の手術、ケガをしそうです。
開運法は、いつも控えめで謙虚に、周囲の人を立てるように気をつけることです。
旅行や食い道楽は最高の開運法です。
------------------------------------------------------------
丸顔って........確かに近年顔が丸くなってきてはいますけど........未だ嘗て「さわやか」と言われたことはないなぁ........
それより何より、「色難」だの「浮気者」だの言われてしまいましたが、浮気ができるようになるには大前提として、まず本命の彼女が必要なんですけどね(涙)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/08/28

映画バトン

「旬」と書いて「在庫一層セール中」と読めばいいんでしょうか、ねぇとしきさん(汗)

と、いうわけでとしきさんから「映画バトン」を頂きましたので、やってみます。
でも、映画って上映されてるのはほとんど観ないんですよ。だいたいがDVDになってからなんですが。

(1)過去1年間で一番笑った映画

1年間ですか。うーん。
ちょうど昨日DVDで見た「カンフーハッスル」ですかねぇ。確かに「ありえねー」というキャッチフレーズに偽りなし、と言ったところです。
ブルース・リーやジャッキー・チェンの、生身のスピード感には叶わないものの、そこらにいそうなおじさんおばさんがバッタバッタと雑魚をなぎ倒す様は非常に爽快で笑わせてもらいました。
過去1年に限定しなければ、「裸の銃を持つ男」が私の中でダントツ1位です。ビデオで見たんですが、我ながら狂ったように笑いまくった記憶があります。
さすがに2作目3作目は慣れてしまって、ここまでばか笑い出来なかったんですけど、1作目は文句なしでした。

(2)過去1年間で一番泣いた映画

これも難しい....場面場面で涙がポロリとなる映画はありましたけど、だからといって「泣ける映画」と言い切れないんですよね。
これも過去1年に限定しなければ、まず「ディープ・インパクト」。
クライマックスで、子供たちだけでも助かるようにと娘の恋人に子供たちを託す夫婦と、号泣しながらも恋人のバイクで去っていく娘のやりとりは何度観ても泣いてしまいます。

(3)心の中の5つの映画

何度でも見直して勇気付けられるのがこれ。
アポロ13
実話だから、という先入観があるにせよ、試行錯誤しつつトラブルを起こしたアポロ13号を無事帰還させようとするNASAのスタッフの姿にぐっと来ます。

スカッとしたい時にはこれ。
VERSUS
北村龍平監督のメジャーデビュー(?)作ですが、観終わると無駄に血が騒ぎ、思わず木刀とかナイフとか振り回したくなってしまう(近所の人に通報されるので堪えてます)第一級のチャンバラ物だと思います。

まだ1度しか観てませんが
スターリングラード
WW2当時の、ソ連の(文字通り)人海戦術の様子とか、スナイパー同士の息詰まる対決とか見所満載でした。

怖いものみたさ、というか、暗い気分になってしまうんですが
日陰のふたり
クライマックス近くの、子供たちの○○シーンは思い出しただけで胸が締め付けられます。哀しさ爆発。

確か小学生の頃テレビで観た記憶があるんですが
キャリー
こちらもクライマックスとラストシーンが頭から離れません。特にラストは思い出すと眠れなくなるかも。

(4)見たい映画

シンデレラマンも捨てがたいですけど、今一番はこれ、「ステルス」。
「ファイヤーフォックス」でざわめいていた血の滾りが蘇ってきそうな予告編にK.Oされました。

さぁ~て、ルール違反の部分もありますが、こんなところでしょうか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/08/25

「ローレライ」プレミアム・エディション

予約していた「ローレライ プレミアムエディション」が届いたので観てみました。
前半部分は劇場で観たときに比べてCGの粗が目立った気がしたんですが、話が進むにしたがって全然気にならなくなりました。
ちょうど「ジパング」最新巻で護衛艦vs潜水艦の対決が始まった事もあり、少々血が騒いだりもしています。
「すみません、俺怖いんです。」と退艦しようとする鍋坂(塚本耕司)に、時坂(國村隼)がライカを渡して優しく送り出す場面は何度見てもちょっと涙目になってしまいます。

ただ........役所広司の顔を見てると、何かが頭の片隅に引っかかってたんですが、それが何かわからず、もう一度「ローレライ」を見直して折笠(妻夫木聡)の「お国のために.......」という台詞を聞いた瞬間、閃きました。

笑の大学」だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/08/24

学生生活思い出バトン

古いアルバムの中に 隠れて 思い出がいっぱい

と歌ったのはH2Oでしたが、そもそもアルバムがないですよ、私
大学時代は色々写真を撮っててアルバムも作ってたんですけどね。

同郷のhさんから学生生活思い出バトンが回ってきました。

まずはやってみましょうか。

1. 小、中、高の中で1番思い出深い時期は??

うーん、それぞれ思い出と言われてもなぁ、小学生時代はほとんど図書館に引き篭もってたし、中学・高校時代は授業と部活だけの生活で、あまり突出した学校の思い出というのもないですねぇ。
強いて言うなら中学時代ですかね。この時期やけに太り気味で、後から写真を見ると眼鏡の弦が顔に食い込んでました
あ、高校での授業の一コマも思い出深いかな。当時私は窓際の一番後ろの席だったんですが、ある夏の日、壁のひび割れから大量の羽虫が湧いてきて、授業中ただ一人ホウキとちりとりを持って掃除してました。授業は私のことなどお構いなしに進められたんですが。

2. 1番お世話になった先生はいつ??

これも悩むなぁ。中2の時のクラス担任の先生かなぁ。この先生は唯一自発的な家庭訪問を一度だけですがしてくれて、勉強方法を色々とアドバイスしてくれました。ただこの先生、キれたらシャレにならない位怖い先生でした。
ある日の朝のHRで態度の悪い生徒を見つけた時、その先生はそいつにズボンのベルトを差し出させ、いきなりベルト(金具の方)で殴り始め文字通り血ダルマにしちゃいました。
そのうち殴り方があまりに激しかったためにベルトの金具が外れて吹っ飛んでしまったんですが、金具が外れて威力がなくなると見るや、ベルトでそいつの首を絞めて、拳でボコボコに殴り続けました。
ちなみに、その外れたベルトの金具なんですが、1人挟んで左隣にいた私のこめかみに直撃し、私もこめかみから血を流す羽目になり、先生の怒気が治まった後に二人仲良く保健室行きになりました。
今なら確実に新聞沙汰ですね。

3. 得意科目は??

小中学校の頃は体育と美術以外はだいたい得意でした。高校時代は受験の開放感から完全に腑抜けてしまい勉強は全然ダメでした。

4. 苦手科目は??

ダントツで体育でしたね。そりゃもう、運動が苦手でして。
高校に至っては前述の通り全科目全滅状態でした。
確か高校3年時の偏差値って30台だった記憶があります。

5. 思い出に残ってる学校行事3つは何??

(1)高校の学園祭
象徴物(御神輿)作ったり、教室のデコレーション作ったり、合唱や演劇に参加したり、まぁ大体「その他大勢」の中の一人ではあったんですが、他人が繰り広げる色々な「ドラマ」を目の当たりにして感動したり考え込んだりしてました。

(2)高校2年時の林間学校
うちの班は鶏を2羽連れてって現地でさばき、腿は手羽先に、胴体は鍋のダシに使いました。
と、言っても私は見てただけだったんですが。
そして夜の就寝時、友達(男)2人とブラブラ近辺を彷徨ってたんですが、ありとあらゆる物陰にアベックがいて、腰を落ち着ける場所がなく途方に暮れました。
しょうがないので、しばらくしてテントに戻ったんですが、テント越しに誰かが殴られる音が時折聞こえてきました。
後で聞いたところ、隠れて酒を飲んでいた生徒が見回りの先生に(先生と気付かずに)絡みかかって張り倒されたという事でした。

(3)高校1年時の臨海学校
スケジュールの中に2km遠泳があったんですが、この遠泳、泳ぎの苦手な女子、苦手じゃない女子、苦手な男子、苦手じゃない男子、という隊列で行われました。で、私はその中で泳ぎの苦手な男子グループの最前列にいたのですが、ふと気がつくと一人だけ突出していて泳ぎの苦手じゃない女子グループに紛れ込んでしまい、パニックを起こして溺れかけました。

6. クラスでのキャラは??
小学校時代・・・偽善者(卒業記念文集内の「何でもトップ3」で偽善者部門堂々の第1位を貰いました。)
中学校時代・・・エロエロ大魔王(自習時間フランス書院文庫を朗読して絶賛されました。畳水練でしたが。)
高校時代・・・無色透明(影薄かったです)

7. 学生時代の呼び名は??
だいたい苗字呼び捨てか、苗字に「君」付けでしたね。
ちょっと親しい男友達だと、苗字の平仮名頭2文字で呼び捨て、ちょっと親しい女友達だと苗字の平仮名後ろ2文字に「やん」付けでした。
それで思い出したんですが、当時の学園ものTVドラマを見ると、だいたいみんな名前を呼び合ってたんですよね。
でも、私の周りでは一部の例外を除いてほとんど苗字で呼び合ってました。
例外と言っても、同姓のやつとか、双子くらいでしたけど。

8. 好きな給食メニューは??
覚えているのはハンバーグくらいですかね。
好きというのとはちょっと違いますが、小学生の時に牛乳の飲み比べを流行らせたことがありました。
当時私は9パックの記録で自慢していたんですが、対抗意識に燃えた友達が翌週18パックという前人未到の記録を叩き出しました。ただ..........その日の昼休み、教室の床が一面真っ白に染まりましたが

9. 学生時代の友人はあなたにとってどんな存在??
未だに交流があるのは10人足らずですが、時折メールや電話のやり取りがありますし、帰省する度に誰かの家に集まったり、飲みに出かけたりします。どれだけ歳を取っても、会えば当事の感覚で話せるいい仲間たちです。
会話の内容は、年相応に現実的な話とか、ダークな話だったりしますが。

10. 次にまわす人
............うぅ、思いつかないです。どなたか気が向いたらTBして下さい。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005/08/23

結婚式

先日大学時代の同期から結婚式の招待状を貰いました。
この歳になるとなかなか出会いの場というものも限られてくるので、ちょっとは期待しちゃおうかな、なんて現実から目を背けて妄想に耽ったりするんですが、何分新婦側の友人ですので出会いの確率は意外に低かったりするのかな、と思ったりもしますし、下手にハメを外すとウェディングドレスを着込んだ新婦からドツかれる事になりかねないので自戒が必要です。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005/08/21

メンチカツ

最近(と、言ってもまだ2回ほどしか行ってませんが)かつやの「粗切りメンチカツ定食」がお気に入りになっています。

昔からメンチカツは中身にたっぷりと染み込むまでソースをぶっ掛けてから食ってるんですが、ここのメンチカツは分厚くてソースが中まで染み込みません。まぁ、置いてあるソースがウスターソースではなくとんかつソースということもあるんですが。
まぁ、それを差し引いてもなかなか美味ではないかと思ってるんですが、さすがにメンチカツ定食食うのに一駅とはいえ電車に乗っていくのはどうよ?と自問自答し、今日は最寄駅の傍にある居酒屋のランチメニューでメンチカツ定食を食べました。が、ちょっと油の切り方が悪かったようで、ちょっと油が染みててキツかったです。おかげで食後(というか今も)ちょっと気持ちが悪くなりました。

なんというか、腹の底からなにか形にならない熱いうねりのようなものが湧き上がってきてます
現在その熱いうねりをみぞおちの上辺りで一生懸命押し留めてます。

こんなことなら手間を惜しまずかつやに行けば良かった、と後悔です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/08/20

「今ここにいるぼくらは」(読み始め)

ikbk
田舎でふと本屋に立ち寄った時に、「今も自分の居場所を探しているすべての大人たちに」という帯に釣られて「今ここにいるぼくらは」を買ってしまいました。
まだ3章までしか読んでませんが、1章目の「ムルチと、川を遡る」という話がやけに印象に残りました。
小学生が、川の始まりを探しにどんどんと川に沿って遡っていく、という話なんですが、私が小さい頃確かに家の傍に川が流れていて、よくそこで遊んだ事、遊ぶ範囲は直近の橋が架かっているところまででその橋を越えて進む事はちょっとした冒険であった事、という思い出があり、話の内容にかなり共感する部分がありました。

でも、ふと思い出したんですが、その頃は川上を遡るよりも川下に下って行く方にすごく惹かれていた記憶があります。

人によって川上に惹かれる人、川下に惹かれる人と別れるのでしょうが、これって性格にも因るのでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/08/19

BEFSR41C-JP V3

befsr41cv3-s
元々実家のネット環境で使用していた某コ○○のブロードバンドルータがかなりヘタレなやつだった(1時間毎にハングアップしてた)ので、リンクシスのBEFSR41C-JP V3に替えてみました。
基本機能はきちんと押さえられてるし、設定も、CATV接続ならほぼ設定入らずですし、何より(サポート外ですが)syslogやsnmpが使える事がポイントでした。
実家にいた1週間弱くらいしか私は使えませんでしたが、一度もハングアップすることなく安定して使えてました。
大きさも手のひらに収まるくらいのコンパクトさで、トラブル対応やメンテ等で簡易ハブにもなるし緊急用のルータにも使えそうなので、そのうち携帯用として自分用にも1個買ってみようと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/08/17

帰り着きますた

F1000041
戻って参りました。
最終便で戻ってきたので、どっぷりと日は暮れていたんですが、住処のある園内に戻ってきたら、すっかり鈴虫の鳴き声一色でそろそろ秋の気配が漂ってきてました。
セミたちも、鈴虫に負けじと舞えや歌えやの大盤振る舞いで迎えてくれました。

断末魔を迎えて目の前にボトボトと落っこちてきて、地面をコレでもかという位にのた打ち回って、なんというか阿鼻叫喚というのがぴったりくる感じなのですが。

こうして誕生日は過ぎ去っていきました。

写真は、用水路に飛び込んで涼んでいる実家の犬です。
この後20分ほど居座られて非常に難儀しました。

ちなみに、弟のところの双子は何とか踏ん張ってくれたようで、伯父(私)と同じ誕生日を避けてくれました。一安心です。
できれば同じ星座も避けてもらいたいところですが、さすがにそこまで無理は言えません。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/08/16

「私とてザビ家の男だ!無駄死にはしない!」

そう言って、刺し違えることも叶わず散っていったのはガルマ様でしたでしょうか。

外出していた親父が、戻ってくるなりなにやらもごもごと呟いていました。
先方の叔父さんと会ったらしいのですが、どうやら一回戦終了どころか、

コールドゲームで初戦敗退といったところのようです。

マ、イイケドネ(´Д`)y-~~~

閑話休題。

弟の嫁さんがそろそろ出産との事なんですが、なかなか生まれてこないようです。
今日もうちの母親が携帯片手に待機していましたが、連絡なし。

上の子は、4年前の正月明け、私の帰京日に生まれたんですよ。
で、今回私の帰京日は明日なんですけど、明日って誕生日なんですよ、私の。しかも年男


どんな手段を使っても、明日の出産は避けてくれいと、切に願っております。
私と同じ誕生日&生まれ年なんて星の下に生まれてくるなんてあまりに不憫すぎます。しかも双子で


| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005/08/15

「ええい、連邦のモビルスーツは化物か!?」

この台詞を叫んだシャア少佐の気持ちがちょっぴり判った気がしたbatasyです。

さて、本日はお日柄もよく、いそいそと先方の親戚の家に出向いたわけですが、ほとんど同じタイミングで相手の方も到着されました。が、その姿(というか顔)を見て、思わず心の中で押し殺した質問。

送ってもらった写真って、何年前のものですか?

写真で見てたお相手は、良い意味で程よく田舎テイストの「可愛い」感じの人でしたが、初対面の感想は

(中嶋朋子+知念里奈)÷2

対面の時点で既に気圧されてます、私

一旦家の中に招かれて、麦茶と公園だんごを戴きつつ、先方の叔父さんの「開会の挨拶」ともいうべき話を聞きながら、ふと対面に座った相手の卓上を見ると、既に2本あっただんごは串だけになってました
「えーっと、これは『ちゃっちゃと行きましょう』という意思表示なのか?」と慌てて私もだんごを平らげ、そそくさと車で目星をつけていた喫茶店へ移動しました。

11時前と、まだお昼時には早すぎる時間でしたんで、まずはお茶のみで戦闘開始(違う)。
先方にどこまで自分のプロフィールが伝わっているか判らなかったので、まずは名刺を渡すと、何故か笑われた。

え?変ですか?

とりあえず当たり障りのない向こうでの暮らしぶりをちらほら話しつつ、現時点で唯一共通の話題と思われる高校の話で場をもたす。さすがに外回りの仕事をされているだけあって、滑らかな受け答えが返ってきます。

さながら、戦艦「大和」vsイージス艦「みらい」の砲撃戦(出典:かわぐちかいじ「ジパング」)のように全弾迎撃された感じです。

12時を回り、何か食事を、と水を向けると、「小食なので....」と遠慮され、ではケーキでも、と振ると「甘いものはちょっと....」とこれまた遠慮され、「(私に)遠慮なさらずに、どうぞ(食べて下さい)。」と逆に水を向けられ、では軽くパスタでも、とメニューを開くと、パスタの欄に「スパゲッティはケガのためしばらく休ませて頂きます。」と張り紙がしてあり断念。仕方がないので2杯目の飲み物を注文し、また当たり障りのない会話に戻ると、なにやら微妙に髪の毛をいじったり、ストローの包装紙を丸めたりと、何かしらの「兆候」が現れ始めたので、1時過ぎには別件の予定も入っているとの事もあり、何とか携帯&メアドの交換を行い、とりあえず一回戦終了となりました。

とりあえず、今日の成果としては

DocomoとAUとで赤外線を使ったアドレス帳の転送が可能な事が判りました

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2005/08/14

X-DAY

さて。
いよいよイベント当日です。


もう、気が昂ぶって眠れねぇ。

と、言うわけでなく。

昨日の話ですが、父に連れられて落ち合う場所(先方の親戚の家)に「明日はよろしくお願いします。」と挨拶に行って来ました。年に10日程度しか運転しない私の運転で

ここでようやく人間関係の整理が出来ました。

[私]--[父]--[先方の叔父さん]--(先方の親)--[相手]

というつながりのようです。先方の叔父さんとうちの父とは仕事関係の付き合いと言うか、麻雀仲間らしいのですが、おそらく麻雀の席で都会に行ったっきり30過ぎて未だ独り身の息子&姪の先行きに関する愚痴をこぼし合い、思惑が一致したところで今回の話になったと推察されます。

先方のプロフィールや写真(帰省してから見せてもらいました)を見る限り、一般水準以上に社交的な方のようですから(交際相手がいないようにはとても思えない)、相手はかなりの高確率で親戚及び親から因果を含められていると思われます

帰途に着きながら、当日の事をぼーっと考えてたんですが、ぼーっとし過ぎて赤信号の交差点に突っ込みかけました
助手席の父の「おいっ!赤!!」という一声がなければ間違いなく突っ込んでました

当日は私の運転で出かけるのですよね、お父様。
二人の将来の心配をする前に、二人の命の心配をしていて下さい

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005/08/13

MUSA -武士-

musa
チャン・ツィ・イーに釣られて買ってしまったDVDなんですが、イイ
チャン・ツィ・イーつながりで買った「グリーン・ディスティニー」や「HERO」は剣舞のような華やかな殺陣ですが、こちらは(先の2作に比べれば)リアルさを重視した殺陣ですね。
クライマックスの攻防では1人、また1人と死んでいくんですが、それぞれキャラが立ってるのでかなりのめり込んで観ちゃいました。

追記:
ずーっと気になってたんですが、チェ・ジョン将軍役のチュ・ジンモはやっぱりキムタク似なんですね。私だけがそう思ってるのかと思ったら、そうじゃないと判って一安心。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2005/08/12

冗談にならなかった

と、いうわけで、現在実家に辿り着き、羽根を含めていろんなものを伸ばしてます。
まぁ、帰って早々やったことと言えば、実家の親用パソコンのメンテナンスなんですけどね。

Liveupdateのバージョンが古くて、今年の4月からパターンファイルのアップデートがされてませんでした

パソコンのメンテをしつつ晩飯を食べ、ほっと一息ついた時、父親がおもむろに口を開きました。

父「あんなぁ、あの話だけど........」
私「(あぁ、『見合い』の話か)ん?ああ。」
父「14日の昼に○○さん(知り合いの人)の家で会う約束したけぇ....」
私「はいはい。」
父「その後二人でどっかメシ食いに行ってこいや。」
私「ん、わかった。」

と、一応会話は終わったわけですが........

1年の大半を田舎から離れて過ごしている私に、女性とランチを共にするお店なんて思い浮かぶわけないじゃないですか

明日は地元在住の友達に

「めし どこか たのむ」

というメールを流すことになりそうです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005/08/11

出立

短期間ながらホテル暮らしも終わり、本来の自分のペースじゃないペースで延々話続けると呼吸のリズムが狂って酸素不足になるという事を生まれて始めて体験し、ようやく夏のお仕事系イベント(前半)が終了しました。

あ~、明日の今頃は 僕は汽車の中~

というわけでもないですが、17時間後には機上の人となり田舎に帰ります。

これからいよいよプライベート系イベントが始まるわけですが........

体力消耗し尽しているので寝坊しそうです。

「機上の人」の筈が「寝台列車上の人」にならないよう気をつけねば。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/08

HOTEL

今日と明日はホテルにお泊り。

仕事で、なんですが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/08/07

亡国のイージス

ようやく「亡国のイージス」を観に行きました。
芸達者な人が揃ってるだけあって、なかなか見応えがあったと思います。
特に真田広之の微妙なオヤジっぽさというか、カッコ良すぎないところがなかなか良かったです。私としては佐藤浩市と岸部一徳のトイレでのやり取りがツボでした。シリアスなやり取りの中で、あんな感じで人間味を出すと言うのは岸部一徳のキャラというか、技というか、ホント絶妙だな、と。
まだ原作を読んでないんですが、2時間という枠の中で当然消化不良気味のところもありますが、あれだけ魅せるストーリー展開はOKなんじゃないかと思います。
「亡国」というメッセージ部分については、過去に見た映画の中で「宣戦布告」と「パトレイバー The Movie 2」を併せて考えると、より理解できるのかなぁ。

| | コメント (3) | トラックバック (4)

2005/08/06

髑髏城の七人~アオドクロ~

ao-dokuro
劇団☆新感線の舞台「髑髏城の七人」。昨年上演されたんですが、キャスト・演出の異なる「アカドクロ」バージョンと「アオドクロ」バージョンの2種類があります。
今回は、そのうちの「アオドクロ」バージョンをDVDで購入しました。

時に天正十八年、
戦国の雄-織田信長が逆臣の手にかかり、はや八年。

天下統一は浪速の猿面冠者-豊臣秀吉の手でなされようとしていた。
ただし、唯一関東を除いては。

関東の大平野に忽然とそびえる漆黒の城-----“髑髏城”
黒甲冑の武装集団“関東髑髏党”の首魁は、自らを“天魔王”と名乗る仮面の魔人だった。

天下統一を狙う秀吉の最後にして最大の敵となった天魔王。
そして風雲急を告げる関東荒野に、奇しき縁にあやつられ集まる者たちがいた。

髑髏党に追われる沙霧(鈴木杏)を行きがかりから助けた謎の牢人狸穴二郎衛門(ラサール石井)と玉ころがしの捨之介(市川染五郎)は“女を隠すには女の中”と色街無界の里へ向かう。色街では無界屋の極楽太夫(高田聖子)をめぐって馴染み客の関八州荒武者隊を名乗る荒くれ者たち・こぶしの忠馬(佐藤アツヒロ)・水無月才蔵(川原和久)・小田切渡京(粟根まこと)が捨之介と小競り合いを繰り広げていた。

仲裁に入った主人・無界屋蘭兵衛(池内博之)は昔馴染みの捨之介に気がつく。そこに沙霧を追う髑髏党の幹部・鋼の鬼龍丸(高杉亘)が居所を嗅ぎ付け無界屋に襲撃をかける。騒然となった無界屋に突然現れた天魔王により、捨之介と蘭兵衛たちの封印された過去が明らかになる。

そして二人の過去を知る謎の刀鍛冶(三宅弘城)とともに捨之介たちは天魔王に立ち向かうべく髑髏城へと乗り込んでゆく。

戦い、未だ終わらず-----。新たなる七人の物語が、ここより始まる。
(公式サイトより)

3時間以上の長丁場ですが、展開もテンポよく、殺陣も非常にスピーディーで、時間の経過を忘れて観る事ができました。
時間の経過を忘れすぎて、通常の本編と出演者のコメント付本編を連続して観ちゃいました。合計6時間か
劇団☆新感線の舞台は、「阿修羅城の瞳」が映画化されていますが、これも映画化して欲しいですねぇ。と、いうか、舞台自体も映画並みのクオリティだと思います。
個人的には「ヤッターマン」ネタで大ウケ。でも30歳以下に「ヤッターマン」ネタって受けるんだろうか?

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005/08/04

我が家の場合

peteramさんのところで振り込め詐欺の話題が出てました。
私も親元を遠く離れて、未だ独り身なもんですから、振り込め詐欺に遭う危険性ってそこはかとなく感じてたりします。

でも振り込め詐欺の黎明期は単独犯で交通事故のシチュエーションが多かった気がするのですが、最近は集団犯で痴漢等犯罪絡みのシチュエーションが増えてきてるようですね。

まぁ、うちの親の気性を考えてみると、どのシチュエーションであっても、慌てて金を振り込んだりせずに、速攻で上京してくるだろうなぁ、と思われます。

問題は、事故ならともかく犯罪のシチュエーションでは、頭に血が上った父親に私が撲殺されるという危険性が捨てきれないところです。

親に信用されていない、と言うわけではないですが、そこは詐欺集団の演技力にも依るわけで、ちょっと背筋に冷たいものが走りました。

ちなみにうちの父親、老いたりとはいえ剣道5段です。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005/08/03

内股

身を屈めて中腰の状態でダッシュしまくっていたら3時間で太腿がパンパンになってしまいました。

座る度に「あうぅ....」とうめき声を上げてしまいます。

ところで........

こんなサイトがあるんですね。くわばらくわばら。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/08/02

今週金曜日のご都合いかがでしょうか。

タイトルにあるような件名のメールが来たので、件名だけで判断して迷惑メールに分類しました。
1時間後、迷惑メールフォルダを整理しようと内容をよく読んでみたら仕事関係のメールでした。
今の私にとって、当たり障りのない件名は二重の意味で心臓に悪いので止めて欲しいと思うのですが、こちらの事情を知らない先方に言っても詮無い事なので我慢することにしました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/08/01

暗号に感動

mkt_yさんのところで見かけたコレ
なぜか「ビューティフルマインド」を思い出しました。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »