« Silent Hill 2 ~最後の詩~ | トップページ | 暗号に感動 »

2005/07/31

地雷設置中

親父から例の件について電話が入りました。
父「夏は帰ってくっだらぁ?先方とも予定を合わせんといけんけぇ。」
私「え?連絡先教えてもらえりゃ、こっち(東京)で会うけぇ。ええわいや。」
父「ええがな、盆には帰ってくっだけぇ。」


そこはかとなく外堀を埋められつつある気がする。


父「そっでなぁ、先方にもお前のこと少しは話とかんといけんがな。お前趣味ってなんだいや?」
私「え?趣味?うーん........何だらぁかいなぁ.....」
父「なんだいや、何ぞないだかいや。」
私「うーん、読書....かなぁ。」
父「ふぅーん、読書かいや。」

という辺りで本日の会話は終わったんですが、さて、自分でもどんな本を読んでたっけ、と過去ログを見てみたところ、

・「はるさん マイラブ
・「実録鬼嫁日記
・「ろじっくぱらだいす

........うぅぅむ、一応読書の範疇に............入るかなぁ........
そして、山積みになってる本の背表紙を見てみた。

・「果てしなき渇き
・「そして粛清の扉を
・「暗黒の城
・「藁の盾

........なんか異様に偏った本ばっかり目に付くような........

帰省前に一度棚卸しが必要なようです。、本は元より、頭の中も

|

« Silent Hill 2 ~最後の詩~ | トップページ | 暗号に感動 »

コメント

batasyさん、こんにちは。
いっそのこと、「電車男」って言ってみたらどうでしょう?(笑)
でも、まじめな話、道が開けるといいですねぇ(^_^)
なんか最近、batasyさんのブログ、弟分の私としては、興味を持って読んでいますよ(^o^)
どうなっているのかなぁと(笑)

投稿: としきくん | 2005/07/31 18:26

ほほう、お父様、やりますな。
もう逃げ場はないと。。。
趣味=読書とした場合、相手にいい印象を与えるような本って、どんなものになるのでしょう。
小難しい本ばかり読んでても嫌だし、軽すぎるのもちょっと。ビジネス本も、好印象とは言えないですよね。
う~ん、自分だったら、何を挙げられたら良い印象を持つだろう。
小説なら、最近の本より、ちょっとした古典の方が、興味持つかなぁ。

投稿: h | 2005/07/31 22:23

こちらでは始めまして。
そーいえば、ウチでは母上殿が主導しております……○| ̄|_

投稿: EsLoad | 2005/08/01 12:45

着々と話がすすんでいるようですね。
なんか外堀はしっかり埋められてる感じ・・・

>趣味が読書
うーんどうかなぁ。幅が広すぎるしな。
同じ作家が好きだと判明すればノリノリの会話が出来るのだけど、
「これ知ってます?」
「いえ・・・アレ、とかなら」
「・・すみません」
こんな会話はイヤだな。
映画化されてるものだと、読んでいなくても通じることあるかな?
「原作だとこうなんですよ」
みたいな、話が広がる!!
今なら「福井晴敏」かなぁ?
姑獲鳥・・はマニアック、だもんねぇ。

投稿: たいむ | 2005/08/01 19:35

としき様。
「電車男」ですか。試してみる価値ありますね(笑)
でも、いいんですか?「弟分」なんて言って。
黒くなっちゃいますよ(汗)
h様。
小さい頃はよく父親から「文芸作品を読み込め」と言われましたが、まともに読んだ事ありません。中学生の時点で勝目梓や西村寿行を読んでいた私としては非常につらいものがあるんですが(涙)
EsLoad様。
うちは....どうなんでしょう?
前衛が父親、後衛が母親、と言った感じでしょうか。
帰省する度に父母の波状攻撃を食らいます。
たいむ様。
京極夏彦ですか。うーん、内容をキチンと押さえた上で台詞を覚えてたらインパクト強いでしょうね。京極堂の口調で(汗)

投稿: batasy | 2005/08/02 02:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50948/5237794

この記事へのトラックバック一覧です: 地雷設置中:

« Silent Hill 2 ~最後の詩~ | トップページ | 暗号に感動 »