« ローレライ | トップページ | お好み焼き »

2005/03/23

ショーン・ペン

先週末に「ミスティック・リバー」と「アイアム サム」のDVDを立て続けに観ました。どちらもショーン・ペンが主役なんですが、あまりのキャラクターの落差に(いい意味で)愕然。
もともとショーン・ペンは強面系のイメージが強かったのですが、「アイアム サム」では見事なまでに知的障害を持つ父親を演じきっていて、とても同一人物とは思えませんでした。しかも、子役のダコタ・ファニングをこの「アイアム サム」で初めて見たんですが、こちらも恐ろしいほど芸達者。サム(ショーン・ペン)とルーシー(ダコタ・ファニング)が薄暗い廊下でむりやり引き剥がされるシーンではツボにハマって涙が.......

|

« ローレライ | トップページ | お好み焼き »

コメント

batasyさん、こんにちは。
おっ、テンプレート変えましたね(^_^)
アイ・アム・サムは、この間テレビでやってましたが、いい映画でしたね。
ハッピーエンドで終わって、ほっとしてます(^o^)

投稿: としきくん | 2005/03/24 00:10

としき様。

こっちのテンプレートの方が目に優しそうだったんで(汗)
ダコタ・ファニングは「ハイドアンドシーク」でロバート・デ・ニーロとも共演してるので要チェックですね。

投稿: batasy | 2005/03/24 23:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ショーン・ペン:

« ローレライ | トップページ | お好み焼き »