« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

2005/02/28

「関係」の定義

海外ボツ!News」というサイトがあり、結構面白い話が取り上げられているのでよく見に行くのですが、先週末にこういう記事が載ってました。
所謂「男女の関係」を持った結果、子供ができてしまい結婚あるいは子供の認知を求められるという話はドラマでも(あるいは日常生活でも)よく見かけると思うのですが、さすがにこのパターンはちょっと想定外でした。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2005/02/26

夢の対談

今日はふらふらと二駅先の本屋に行ったので「実録鬼嫁日記」を探したけれど見つからず。
代わりに「我が妻との闘争」の単行本を見つけたので買いました。
ホームページの方は昔よく見てたんですが、まさか単行本になってるとは思わなかった。

ふと思ったんですが、カズマさんと呉エイジさんの対談というのを見てみたい。
あるいは、カズマさんの嫁さんと呉エイジさんの嫁さんの対談でも可。

....などと言うと妻帯者の方からお叱りを受けてしまうかもしれませんね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/02/25

サービス≠プレゼント

ずっと前に、ヤングアニマルの「ベヘリットストラップ応募者全員サービス」という話を取り上げたのですが、今日発売のヤングアニマルを早速1冊買って、よく読んでみると隅っこの方に「1,500円(払い込み手数料込み)で応募できます!」と書かれていました。
なるほど。プレゼントではなくサービス、ということだったんですね。一つ利口になりました。トホホ。

大人買いする前に気付いて良かった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/02/24

生命のパン

pan

なんか最近防災グッズにそこはかとなく興味が出てきて、数日前「生命のパン」なるものをあんしんの殿堂ぼうさい館で注文してみたところ、今日届きました。夜家に帰り着き玄関を開けようとしたところ、背後から宅急便のおじさんに「いや~、そろそろ帰ってこられるかと思って待ってたんですよ。」とにこやかに声をかけられまして。

さっそく1缶食べてみようかと思ったんですが晩飯食いすぎて苦しかったので、今日のところは断念しました。

いやぁ、ボリュームありますね、「餃子の王将」のかに玉Aセット(+ごはんおかわり)。
会計時にお気に入りの店員さんから「いつもありがとうございます。」と、かけて貰える台詞までレベルアップして、週の半分は通ってる甲斐があったというものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/22

CLIEの終焉

pocketbook様経由。

ついにCLIEの新機種投入が正式に終了してしまったようです。
現在使っているCLIE UX50は電子手帳的な使い方は元より、出先からでもワイヤレス(BlueTooth)ダイヤルアップでWebやメールのチェック、さらにtelnet(ssh)も使えるので、これ1台あれば仕事場でトラブルが発生しても出先から対応できちゃうので非常に重宝してます。たまたま昨年の年末にほどよく値下がってたので購入したのですが、年明けに急騰(と、いうかどんどん売り切れていったのか)し、今月にはいってからでしょうか、ついに生産終了のお知らせがあってちょっとがっくりきてたところに、とどめとばかりに前述の発表でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/20

カルボナーラ

carbonara

「全然別物」で思い出したんですが、「LA VERDE」のカルボナーラ。
以前の仕事場の近くにお店があったんで、よく5,6人で昼飯をここに食べに行ってたんですが、ここのカルボナーラがまた旨いんです。「特製ベーコン」というのがまさにその通りで、分厚いんです。端っこにフォーク刺して水平に持ち上げてもほとんど曲がらない位に。普通「ベーコン」というのスーパー等で売っている薄切りのものしか知らなかったので、ちょっとした衝撃でした。
その分厚いベーコンが、まったりとしたクリームソースとよく合うんですよ。これにコショウをパラパラとかけるとまた味にアクセントがついてとっても旨々。

私の食べる量からして、値段に見合ったボリュームで満腹感が得られるんですが、通常の人だとちょっと多めみたいです。一緒に食べに行った人の半分くらいは旨そうに、でも苦しそうに食べてましたから。帰り道顔色が青白くなってました。旨いから残せないんですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/19

ぶた丼を食す

top-bara

今日のお昼は、最近見つけた「とんどん亭」というぶた丼のお店に行ってきました。ぶた丼(バラ)のご飯大盛りを注文。

ごっつ旨。しかも満腹。

食べ終わった後に、顔の筋肉が弛緩していてびっくり。飯食ってこんなに顔が緩むなんて久しぶりでした。
あ、そうか。こういうのを「ほっぺたが落ちそう」と言うんですね。

しかし、このぶた丼食べてつくづく思ったんですが、「ぶためし」と「ぶた丼」はきっちり区別して表記すべきだと思いました。全然別物ですよ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/02/18

一安心

今日「ドコモ、PHS撤退を検討」という記事を見て、結構ショックを受けました。
私はドコモの携帯(iモード)とPHSの両方を使用しています。携帯は主に着信とメール(障害発生などのメールをiモードに転送している)、PHSは発信とネット接続(パソコンやPDA)という使い分けをしています。特にネット接続についてはBluetooth対応の631Sをオークションで入手してからワイヤレスでダイヤルアップできるのが非常に重宝していたものですから。
しかし、夜になって「ドコモ、PHS撤退報道を否定」という記事を見かけてほっと一安心。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/16

地震

今朝起きてみると、何か変。
立てて置いていたオイルライターが倒れていたり机の上から落っこちていたり。
空のペットボトルや空き缶が散らかってた。

徒歩5分の仕事場に着いて初めて地震があった事を知りました。
この辺(千葉県北部)では震度4弱くらい、結構大きく、長く揺れたらしいです。

全然気がつきませんでした

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/02/15

さすまた

大阪で起きた教職員殺傷事件の記事を読んでみると、駆けつけた署員が備品のさすまたで取り押さえられた、とありました。確か1年位前からでしょうか、学校にさすまたが設置され始めたと思うのですが実際にさすまたが使用された初めての事件ということになるのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/14

Get you!


チョコレートGETしました!

定食屋のおばちゃんから。

森永「ダース」のミルク味でした。


そして仕事を終えて帰ろうとしていたら、ちょっぴり面倒見ている女子大生からもらいました。

手作りチョコ。

うれしさ爆発で、思い切り噛み締めたら

硬くて歯折れるかと思いました。

と、とりあえず勝ち組に滑り込み、といったところでしょうか........

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/02/12

連休の過ごし方

金曜日。
キル・ビル Vol.1」のDVDを観た。
久々に大葉健二さんを見る事ができて満足。でも、タランティーノ監督は「コータローまかり通る」を知ってたのか?
ゴーゴー夕張(栗山千明)はこれ1作で終わらせるにはもったいないキャラだと思うのですが。

土曜日。
キル・ビル Vol.2」のDVDを観た。
ユマ・サーマンとダリル・ハンナの対決に盛り上がる。徒手格闘では「ターミネーター2」を思い出すような家屋破壊っぷりが見事。ブレード戦はあっという間に終わってがっくり。

日曜は穏やかに過ごしたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/02/11

ベヘリット

ベルセルク」目当てで隔週刊ヤングアニマルを購読しているのですが、昨日発売の4号をパラパラと見てた所、「次号 ベヘリットストラップ応募者全員サービス」という広告ページが!
しかも、『覇王の卵』と『』の2バージョン(ストラップは合金製との事で、リンク先のイラストほど生々しくはないですが)。
『セット』とはかかれていないので、手に入るのはどちらかなのでしょうが........2週間後にヤングアニマルを大人買いしてそうな気がします

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/02/09

機動戦士ガンダムSEED

この2週間ほど、フレッツスクエアで「機動戦士ガンダムSEED」全50話をコンプリートしちゃいました。
ファーストガンダムの世代である私からすると、ところどころにアダルトな表現が目に付くというかなんというか。
しかし戦闘シーンについては、ここ数年ガンダムといえば「SDガンダム G GENERATION」シリーズをやりこんでいた私にとって、8頭身アニメより2頭身フルCGの方がリアルに感じてしまう。それだけCGのクオリティが上がっているということなのだろうか。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2005/02/06

冬のチャーハン


としきくんのゆっくりいきましょう!」から、「チャーハン」というキーワードに反応してしまいTBさせてもらいました。

私には冬の定番メニューがありまして、チャーハン+大根(おでん)をよくコンビニで買ってました。
買うときには「(チャーハンを)温めますか?」と訊かれるのですが、温めてもらいません。
冷たいチャーハンを一口頬張り、ツユをたっぷり含んだ大根を続けて頬張ります。
口の中で冷たいチャーハンが大根のツユでほろっとほぐれ、チャーハンと大根の異なる歯ごたえを堪能しつつ嚥下します。
これがとっても旨いんですよ、私的に
冷たいご飯モノであればチャーハンの代わりになるかとも思ったんですが、普通のおにぎり等だと、ツユの味に負けてしまうような気がするんです。

ちなみに、おにぎりであれば、お茶の代わりにコカコーラがオススメです。
おにぎりを一口かじりながら、コーラをちょこっと口に含んで咀嚼すると、コーラの炭酸+甘みが米の甘みを引き出してくれます。


でも、おにぎり+コカコーラは、誰一人賛同してくれた事がありません

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/02/05

うなぎ

昨日、今日と駅で立ち番したせいか、どうも風邪をひいてしまったようです。
鼻水ずるずるだし、凝りに凝ってる肩周りが痛くなってきてるし。
例年この時期は風邪をひきやすい季節なんですが、ここ数年は無事に過ごせてたんですが。
一番ひどかったのは15年くらい前で、身体の節々が痛んで頭痛もひどく、医者に行こうと表に出たら結構な。そんな中、病院に行って薬をもらって、帰ってきて体温測ったら行く前より2度ほど上がってました
朦朧とする意識の中、「あぁ、あと2分ほど上がれば40の大台に乗るなぁ」などとちょっぴりわくわくしながら体温計とにらめっこしたものです。
まだ食欲はある方なので、大丈夫だと思いますが、明日精力つけにうなぎ食いに行こうと思います。鮒忠の。
今日も食ったんですけどね
なんか無駄に精力つけてる気がする。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/02/04

ぼっけえ、きょうてえ

kyo
何年か前に読んだ岩井志麻子さんの「ぼっけえ、きょうてえ」。

これ読んでつくづく思ったんですが、やっぱりネイティブな台詞(って、方言なんですが)だとより心情がリアルに感じられるというか、情景がよりリアルに浮かんでくる気がしますね。
でも、うちの田舎で「ぼっけえ」って聞いたことないんだけどなぁ。「ごっつい」だったら使うんですが。さらに「きょうてえ」も、どちらかといえば「きょうとい」という方が多い気がします。山一つ隔ててるだけなんですけどねぇ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/02/03

雪といえば思い出す....

千葉県の内陸部側は全然雪の気配ないですねぇ。

雪といえば思い出す、あれは私が中学生の頃のことでした。

私の通ってた中学校は、校舎が2つあって、1つは私が入学する直前に出来た4階建ての校舎、もう一つは私が2年のときに出来上がった3階建ての校舎で、2つの校舎の間は30mほど離れていて、その間に下足場がありました。
ある冬の日、その日は結構な積雪量で、確か15cmくらいは軽く積もっていたと記憶しています。その日の昼休みに、ふと校舎から校舎の間の景色に目をやったところ、2つの校舎を繋ぐ渡り廊下の真ん中で、同級生のM(仮名)と、その担任の先生がそこから10mほど離れた3階建て校舎側に目をやりながら、なにやら話し込んでいました。
その視線の先を追いかけてみると、雪面にぼっこりと、まるで何かが落下したような直径1m程度のくぼみができており、そこから足跡が下足場に向かって伸びていました。そばにいた友人に「あれ、何しとん?」と尋ねてみたところ、返ってきた答えは

友人「Mがな、屋上から飛び降りただって。」
自分「へ?なんで?」
友人「いや、なんかやってみたかっただって。」
自分「屋上って....鍵かかっとって入れんだらーに。」
友人「3階から雨どい伝いに屋上に登っただって。」
自分「....」

その同級生Mは、日頃から「俺は大きくなったらデンジマン(当時TVでやっていた戦隊モノ)になる!」と公言し、さまざまな蛮行で有名だったので、納得といえば納得の出来事ではあったんですが。ちなみに別の日には彼が4階建て校舎の方でも雨どいを伝って屋上に登っていったのも目撃したことがあります。

彼とは中学を卒業すると進路が分かれてしまい、それからは交流があったわけではないんですが、風の便りで彼が陸上自衛隊のレンジャーに入ったとか聞いたことがあります。ある意味彼は夢を叶えたのかもしれません


| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005/02/02

実録鬼嫁日記

先月末に書籍化された「実録鬼嫁日記」が発売になったんですが、近所の本屋に行ったところ売り場に見当たりませんでした。
さすがにレジに行って「すみません、『実録鬼嫁日記』ありませんか?」と聞く勇気はありませんでした。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »